よくある質問

その他

新入社員に電話応対方法を教えたいのですがどう教えればいいですか?


新入社員が最も参考になるのは、上司や先輩達からの経験談です。

ポイントは、お客様が喜んだ事や、感謝した事、受注につながった事等、

よかった出来事と、お客様に叱られた事、

クレームにつながった事等、悪かった事もお話してください。

また、直ぐにお客様の電話を受けさせるよりも、上司や先輩達が、

携帯から会社に電話をかけて、その電話を取る練習をするのも上達の近道です。

大切なのは、信頼感ある電話応対ができるかどうかです。

自分たちも新入社員の頃を思い起こせば、電話に出た時に、

ふとした事でお客様から叱られたり、

クレームにつながる事をしてしまったらどうしよう…という恐怖心で

電話に出たくないと思ったことがありました。

それでも新入社員の最初の仕事と言えば、やはり電話応対です。

更に上のレベルでお客様の心をつかむための電話応対ができるよう、

社風にあった第一声の言い方、聞き取りやすく印象のよい声、

話し方、正しい敬語・言葉遣いを身に付けること。

こういった技術は、上司や先輩達が教えるというよりも、

書籍やセミナーなどで個々が自主的に学ぶことをおすすめいたします。

また、電話が鳴れば、一旦業務を中断して電話に集中すること、

電話の宛先が自分ではない場合に、宛先人へ取り次げるよう、

他のスタッフのスケジュールや社内全体の状況を共有、

把握すること、そういった姿勢を教えることも必要です。

会社の代表電話で、かかってくる電話の一本一本が非常に重要ならば、

本来の業務とは別に電話応対技術を学び、マニュアル化することが大切です。

 

●それでは、ビジネスアシストに応対マニュアルはあるんですか?

 

もちろんございます。 当社をご利用いただいた会員様が、

事業が軌道に乗ってスタッフ増員により卒業をされる場合に、

応対マニュアルを無料でプレゼントさせていただいております。

応対マニュアルで、当社が今まで培った

電話応対ノウハウをご提供いたしますので、

新入社員の方へも共有していただきご活用ください。