人手不足になった経営者がとるべき行動(1)

人手不足になった経営者がとるべき行動(1)

1)生産年齢人口に該当している「働けない世代」とは

2018年に帝国データバンクが発表した「人手不足に対する企業の動向調査」によると
正社員は企業の51.1%、非正社員は企業の34.1%が不足していると感じており、
商工リサーチのデータによると、人手不足や後継者不足による
いわゆる「人手不足倒産」は2017年から20.4%増の324社と人手不足が深刻化している昨今。

「人手不足倒産」にならないために、経営者としてどのような対策をとるべきでしょうか。

まずは、人手不足はなぜ起こっているのかを考えてみましょう。

総務省統計局の調査で、日本の人口は2008年をピークに、減少の一途をたどっています。
2060年には9,000万人を下回るとも予測されていて、
生産年齢人口(15歳から65歳未満の年齢に該当する人口)の減少が原因の一部であるのは間違いありません。

しかし、人口の減少については、すぐに解決する問題ではありません。

何が原因で人口の減少に繋がっているのか
根本を解決しなければ、問題の解決にはなりません。
もし、解決したとしても、それは何十年後かの話であって
現状の人手不足が解決することはないでしょう。

では、今、人手不足を解決するにはどうしたらよいでしょうか。

それは、生産年齢人口に該当しているのに、就業率が52%、正社員比率でいえば8%しかいない
【子どもを持つ女性】を積極的に雇用することです。

【子どもを持つ女性】は、働く意志や有能なスキルを持っていたとしても
働くことが出来ない人が多いのが現状です。

それは、保育園の待機児童の問題をはじめ、
リスクのある雇用を積極的に行わない企業側にも問題があります。

【子どもを持つ女性】に対し
フルタイムの雇用や一般社員と同じ仕事を求めていては雇用は難しいでしょう。

人手不足を解決したいのであれば
【子どもを持つ女性】をどのように戦力としていくか戦略を立てなければいけません。

では、どのように戦力していけばいいのか
次回はそちらについて考えていきたいと思います。