電話で判断される「会社の信頼と価値」

電話で判断される「会社の信頼と価値」

― 電話で判断される「会社の信頼と価値」

■ビジネスにおける電話の役割

昔からビジネスシーンにおいて電話対応は、会社全体の印象を左右するほど重要なものといわれています。
それは、メールのやり取りが主流となった現在でも変わりません。電話は、顔が見えない状況でのコミュニケーションだからこそ、言葉遣いや作法といったビジネスマナーの基本と気遣い、心遣いができているかどうかが、とても重要です。

■『いつ電話して、誰がでても感じがよい会社』は少ない

会社全体の印象を左右するほど重要な電話対応ですが、他社に電話してみて『いつ電話して、誰がでても感じがよい会社』だと感じられたことは、少ないのではないでしょうか。

『なんだか感じが悪いな』
『忙しそうな雰囲気だな』
『すごく待たされるな』
『この人に伝言を頼んで大丈夫だったかな』と思われたことも多いと思います。

では、なぜ『いつ電話して、誰がでても感じがよい会社』が少ないのか。

それは、社員に対して、電話応対の研修時間をしっかりと設けている会社が圧倒的に少なく、各々の知識、経験を元に応対しているからです。

■会社の信頼や価値を高める電話対応をするために

会社の信頼や価値を高めるためには、ビジネスマナーはもちろんのこと、お客様への思いやりや気遣い、お客様と会社にとって、今、自分ができる最良の方法を選択し、対応することが必要です。

しかし、これは練習なしで出来るものではありません。

まずは会社として、どんなイメージの会社を目指していくのか、そのイメージに合う応対とはどんなものなのか、社内で統一し、そのイメージに沿って応対することを心がけましょう。
また、自分のなかではイメージどおりに出来ていても、周りから聞くと違った印象に感じる場合があります。どのように聞こえているか、自分の応対を録音し、第三者の視点から聞いてみるのも良いでしょう。