聞き流されないように確認するには

聞き流されないように確認するには

名前を復唱しているときに、時折このようなことが起こらないでしょうか。

「ムロハシと申します」
「モロハシ様でいらっしゃいますね。お世話になっております」
「お世話になっております。◯◯さんはいらっしゃいますか」……

聞き流されてしまいました。
よって、本当はムロハシ様であったのに、モロハシ様と受け止めてしまうことになります。

 

これは、お客様には「ムロハシ」と正しく聞こえたからということも考えられますが、誤りに気づいていたにもかかわらず、訂正するのが面倒でそのままにされるという場合もあるでしょう。

先方からすれば◯◯さんと話せればよいのですから、◯◯さん以外の人間に正しい名前を伝える必要はないのです。

よって確認する側としては、聞き流されない復唱をしなければなりません。

 

はじめに「恐れ入りますが、もう一度、お名前は」と、『確認したいことがある』という姿勢を見せながら復唱するとよいでしょう。

「お名前をもう一度お聞きしてもよろしいでしょうか」
「お名前が聞き取れませんでしたので、今一度お教えいただけますか」
などという言い方もあります。

そして、確認をします。
・区切ったり強調したりする
「『モ』・ロ・ハ・シ様でしょうか」

・五十音で確認する
 「まみむ、のムロハシ様ですか、まみむめも、のモロハシ様ですか」

・他の言葉に例える
 「諸々のもろでモロハシ様でしょうか、室町幕府のムロでムロハシ様でしょうか」

・漢字を聞く
 「漢字ではどのようにお書きすればよろしいでしょうか」
 「漢字をお聞きしてもよろしいでしょうか」

これらを状況にあわせて使うと良いと思います。

 

いずれにせよ、まずは「◯ロハシ」と聞いて、「諸橋」と思い込んだりせず、先入観なく聞き取らなければいけません。
「モロハシと聞こえたが、もしかしてムロハシかもしれない」と気づけるように、やはり「聞く」「訊く」「聴く」が必要ですね。