相手に合せた速さ

相手に合せた速さ

自分がどの速さで話すかを考える前に、先方のスピードから状況や心情を読みとることも大切です。

例えば早口だった場合、もともとがそうなのか、慌てているのか。もしも慌てているのであれば、何か特別の事態が起こっていて気が動転しているということも考えられます。

そのようなときは、こちらがタイミングを見計らってゆっくりと言葉をかけることにより、
相手の気持ちを落ち着かせることができるのではないでしょうか。

全体として、自分が心を落ち着かせ滑舌よく話せるように、ゆっくりめを心がけつつ、相手と同じ速さで話す。

また、重要箇所は伝わるようにゆっくり話す、相手の心情を読み取り、場に合ったスピードに変える等、緩急をつける。

そういった方法で、相手に気持ちよく話してもらうことができ、かつ、こちらの思いも伝えられる会話となるでしょう。