抑揚をつけて強調する

抑揚をつけて強調する

音声として伝わりやすいのは、鮮明でゆっくりとした音です。

とはいえ、いくら明るくゆっくりでも、会話の始めから最後までずっと同じ明るさや速さでは、平板になってしまい、何が言いたいのか、どの部分が重要なのかが分かりにくくなるでしょう。

いわゆる一本調子で、棒読みの話し方です。

従ってこれまでお話ししたように、明るくしたり暗くしたり、高くしたり低くしたり、速くしたり遅くしたりと、 声の調子の幅を広げるようにします。

これで『抑揚』をつけることができ、 相手にとって聞き取りやすい声になります。

 

具体的には、会話の中で確実に伝えたい箇所があれば、その部分を強く言うという方法があります。

これは、強調したい箇所以外の部分を逆に弱く言うことによっても、重要箇所を際立たせることができます。

強さを打ち出すのではなく、コントラストをつけるということですね。

そしてこのように、抑揚をつけて話すことは、以前にもお伝えした「歌うように話す」という話し方にもなります。