印象が上がる、明るい声の出し方

印象が上がる、明るい声の出し方

顔の表情をどのように変えると、明るい声が出るでしょうか。

それには、口角を上げます。(「▽」の形です)

すると、自然と眉や目も引き上げられるような感じになるでしょう。

これで声が明るくなります。

逆に、口角を下げると、同時に眉や目も下がってきます。(「△」の形です)

すると声も暗くなります。

お話の内容が、朗報ではない、明るく話すべきではない場合(お詫びをするときや、訃報を受けたときなど)であれば、口角も眉も目も下げ、更には肩も落とし、頭もうつむき加減にすると、そういったお詫びの気持ち、悲しい気持ちのこめられた声になりますね。

このように、声の明るさは「姿勢や顔の表情」で、うまくコントロールできそうです。

ただしこれは、作り笑いをしたり、上辺だけの悲しい声を出したりするということではありません。

そういった意味では、「演技」ともちょっと違うように思います。

そのときに持っている感情を声だけで明確に伝えるために、工夫をしてみるということです。

同じ言葉を、口角の位置を変えて言ってみると、おもしろいほど明暗が変わるのが分かります。

鏡を見ながら、お試しになってみてください。