自分の使っている言葉が正しい敬語か迷ったとき、私が参考にしている資料の中に、文部科学省文化審議会の『敬語の指針』があります。 国が出しているものですが、国民の言葉遣いを統制するようなものではありません。 むしろ、時代の流れに沿って、「こちらが正しいと言われている使い方だが、こうしてもいいんだよ」という、複数の選択肢を提示している箇所もあります。   数年前、敬語が「尊敬語・謙譲語・丁寧語」の3種類から、5種類に増えたことをご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。 こちらを定めたのも文化審議会です。 3種類だった敬語に、更に2種類も加わるとなると、いったいどれだけややこしくなっているのでしょう!? しかし、勇気を出して5分類の世界に踏み込んでみると、これがなかなか使いやすそうなのです。   5つの敬語とは、以下になります。  1)尊敬語 ―― 「いらっしゃる」「おっしゃる」型  2)謙譲語Ⅰ ―― 「伺う」「申し上げる」型  3)謙譲語Ⅱ ―― 「参る」「申す」型  4)丁寧語 ―― 「です」「ます」型  5)美化語 ―― 「お酒」「お料理」型   例えば、お客様に電話をかけることについて「お電話いたします」と言う場合。 自分の行為に「お」をつけるのは正しいかどうか、悩むところですが、5番の美化語と考えれば解決します。 自分を高めているのではなく、相手に対して、より丁寧に話すための「お」ということです。   また、以下の2つはどうでしょうか。 例1:植木に水をあげる   →植物に「あげる」と丁寧な言葉を使うのはおかしいのではないか? 例2:〇〇は休暇をいただいております   →休暇は自社が与えているものなのに、取引先に「いただく」と言うのか? この2つの疑問は、3番の謙譲語Ⅱ「自分の行為を話の相手に対して丁重に述べるもの」と考えれば解決されますね。『弔事について』 秘書は、関係者の訃報を知ったら、上司が適切に対応できるように必要な情報を収集し、速やかに報告する必要があります。また今後のことも踏まえ、報告後はきちんと整理して、管理しましょう。上司が告別式などに参列できない時には、代理で参列する場合もあります。急な連絡に慌てないように、確認すべき情報は押さえておきましょう。 『知らせを受けたら』 訃報の知らせを受けたらまず、逝去の日時、逝去の経緯と死因、そして通夜、葬儀、告別式の日時と場所を確認します。関係者に連絡する場合などの基本事項として正確な情報を得ておきましょう。 次に、葬儀の形式(宗教)を確認します。形式によって香典の上書きも異なってくるためです。弔電は喪主宛てに打つので、喪主に関する情報(故人と喪主との関係、氏名、住所、電話番号)も必要な情報です。 最後に、上司の速やかな判断のため、会社の慶弔規定など、判断材料となる社内資料を収集しておきましょう。 『弔事の流れ』 通常、弔事は通夜、葬儀・告別式という順に執り行われます。通夜とは家族や故人と親しい関係にあった人が夜を徹してひつぎに付き添うことですが、現在では夜の6時、7時ごろから始まり、2時間程度で終了する半通夜と呼ばれる形式が一般的です。また、本来は、通夜に参加した場合は葬儀・告別式に参加するのが作法ですが、仕事の都合などで通夜だけで済ます人も多くなっています。 「葬儀」とは故人の親族が、故人の冥福を祈るための儀式を言い、「告別式」は故人と関係があった人たちが、最後の別れをするための儀式です。仏教の場合は『焼香』を行い、神式の場合は『玉串奉奠』、キリスト教式の場合は『献花』を行って礼拝します。 一般会葬者は告別式が終了したら帰って構いませんが、できれば出棺してひつぎを霊柩車に納め、喪主、または親族代表者が最後のあいさつをするまではいるようにしましょう。