気付かれてしまう原因として、「隣で対応している声」や、「キーボードのキータッチ音」等が聞こえてしまうことが挙げられます。 ビジネスアシストでは、周囲の音を遮断できるように高性能インカム(ノイズキャンセリング対応)とサイレントキーボード(キータッチ音防止)を採用しております。更に独自の特殊な設定をして、周囲の音をカットしておりますのでお客様へ気づかれる心配はございません。   尚、ビジネスアシストは単なる電話代行ではなく電話秘書という、電話応対マナーに加えて、秘書スキルとホスピタリティーを提供しております。電話コミュニケーションにおいてもっとも大切なのは、応対するスタッフの人格と能力と意識です。そして、そのスタッフの仕事を支えるのがハードウェアやソフトウェアなどのインフラ設備です。ビジネスアシストでは最高の支援ができるよう、インフラ設備にもこだわっています。   実際に他社の電話代行から、ビジネスアシストの電話秘書へ乗り換えた方のデータもまとめてます。 ご参考までに、乗り換えた方の声はこちら>>   会員様が質の高いサービスをご利用いただくためには、正社員で対応させていただくことがとても重要と認識しております。   電話代行やコールセンターを行っている会社のほとんどは、スタッフを派遣社員やアルバイト・パートとして採用しています。 採用する側からすれば「いつでも辞めてもらえる」ため、採用へのリスクが低くなりますが、採用される側からしてみれば「いつでも辞められる」や「いつか辞めさせられる」という気持ちがあるので、会社への帰属意識は強くなりづらいです。 私たちが正社員雇用にこだわるのは、「いい人材を採用して、秘書としての能力を高めながら、長く勤めあげることが個人の成長に繋がり、その結果、会員様の満足度も上がる」という価値観からです。 そのため秘書スタッフの定着率は高く、電話秘書業務に誇りを持ちながら会員様の支援を行うことができます。   また、ビジネスアシストは業界では、ありえないと言われている、スタッフ全員を写真で公開しております。 正社員だからできる秘書スタッフ紹介はこちら>>   (秘書スタッフ:杉田) 「派遣社員やアルバイト」と「正社員」あなたならどちらのサポートが安心できますか?当社はスタッフ全員が秘書検定の取得者だからです。   電話代行のオペレーターは電話応対マナーの研修を行いますが、当社が考える秘書の基準は、電話応対マナーに加え、秘書検定を取得したものが秘書トレーニングとホスピタリティ研修をクリアして、はじめて秘書として電話応対を行えるようになっています。   秘書スタッフのクオリティ、ビジネスアシストが選ばれる理由はこちら>>   「オペレーター」と「秘書スタッフ」あなたならどちらを選びますか?